社団法人 林業機械化協会

平成31年度 林業機械化に関する研究に対する助成課題の募集

一般社団法人 林業機械化協会では、林業の機械化を推進するため、林業機械化に関する研究に対し、下記により助成しますので、該当される機関の方は、奮ってご応募ください。。

募集要領

1 助成の対象

 (1) 助成の対象は、大学、国及び県の研究機関で、助成金が「財務大臣が指定した寄附金」、「特定公益増進法人に対する寄附金」に該当する機関(個人は助成対象としていません。)。
 (2) 助成の対象となる研究は、林業機械化の推進に資するもの。

2 助成額 等

   1件当たりの助成額は100万円以内、助成課題数は若干。

3 助成金の使途

   助成金は、研究に必要な器具機材、消耗品等の購入及び旅費に使用してください。人件費(給与、賃金)や学会への出席旅費は自己負担としてください。

4 研究期間 2年以内です。

5 助成課題の募集

   この助成を受けようとする研究機関は、平成31年2月末までに一般社団法人 林業機械化協会に林業機械化研究助成申請書(様式別紙1)6部及び電子ファイルを提出してください。

6 課題の選定

   一般社団法人 林業機械化協会会長及び会長が選任する学識経験者数名から構成する選定委員会で選定し、理事会の承認を得て、当協会定時総会で発表します。

7 成果報告

 (1) 助成を受けた研究機関は、研究期間終了後2ヶ月以内に以下のものを提出してください。

  @ 実績報告書(様式別紙2)
  A 報告書30部(図表、写真を含め40,000字程度(A4版、1行40字×25行×40ページ))
   とその概要版5部(図表、写真を含め10,000字程度(A4版、1行40字×25行×10ページ))
  B 報告書とその概要版を記憶させた電子ファイル(CD ROM等)2部

 (2) 成果を森林利用学会誌等外部に発表する場合は、一般社団法人 林業機械化協会の助成を受けた旨を明記して下さい。また、助成金により取得した消耗品以外の物品については、「林業機械化協会助成」と明示して下さい。

8 助成金の使途の明確化

   助成を受けた研究機関は、助成金の使途を明らかにするため、所要の帳簿を整備するとともに証拠書類を保存していただきます。保存期間は、研究終了後5年間です。

9 機械化林業に提出された報告書の概要版を掲載します。編集部からの掲載に関する問い合わせがあった場合は、対応をお願いいたします。

 問合せ先

   一般社団法人 林業機械化協会  担当 松本

     住 所 〒112-0004 東京都文京区後楽1−7−12 林友ビル
     電 話 03-5840-6217   ファックス 03-5840-6218
     E-mail my@rinkikyo.or.jp