一般社団法人 林業機械化協会

林業機械化調査研究助成課題報告書 無料贈呈

当協会が助成した林業機械化調査研究助成課題の報告書を差し上げます。
発送手数料として200円分の切手を同封してお申し込み下さい。
お一人1課題につき1部です。申込課題数に制限はありませんが、1課題あたり200円分の切手を同封してください。
送り先郵便番号、住所、氏名、電話番号、ご希望の課題名を明記して、切手を同封の上、下記までお申し込み下さい。

申込先

〒112−0004 東京都文京区後楽1−7−12林友ビル
一般社団法人 林業機械化協会 あて
研究助成報告書希望と朱書して下さい。

林業機械化調査研究助成課題
助成年度 課題名 所属 助成者
平成22年度 新コンセプトに基づく架線集材の提案と評価 島根大学生物資源学部 吉村 哲彦
路網と高性能林業機械の組合せによる
低炭素型伐出システムの構築
岩手大学農学部 澤口 勇雄
作業道路面処理が林業機械の走行に及ぼす影響の検討 京都大学フィールド科学教育研究センター 長谷川尚史
平成23年度 多様な伐出システムに対応した提案型集約化施業支援シミュレーションソフトの開発 東京大学大学院 中島 徹
作業システム設計支援システムの開発 東京農工大学大学院 松本 武
平成24年度 小規模分散型木質バイオマス燃料の効率的な生産供給システムの構築 高知大学農学部 鈴木 保志
フォワーダによる集材作業の生産性予測モデルの開発 (地独)北海道立総合研究機構林業試験場 真山 良
欧州型(ウインチ系)作業システムの労働負荷評価に関する研究 広島県立総合技術研究所林業技術センター 行森 章
平成25年度 通気性フレキシブルコンテナの利用による木材チップの乾燥可能性 東京農工大学大学院農学研究院 岩岡 正博ほか
慣性センサと無線ネットワークのセンサフィージョンによる
作業者・機械の位置・姿勢推定
三重大学大学院生物資源学研究科 福島 崇志
平成26年度 保残伐施業におけるフォワーダ集材作業の実証的研究 地方独立行政法人 北海道立総合研究機構
森林研究本部 林業試験場
対馬 俊之 ほか
平成27年度 自動フックに用いられる無線電波の森林内での到達性能
および動作の確実性確実性に関する研究
高知大学教育研究部自然科学系農学部門 後藤 純一 ほか
平成28年度 新たな軽架線集材システムの導入によるスイングヤーダの生産性向上 島根大学生物資源科学部 吉村 哲彦 ほか
平成29年度 WLCの評価システムによるチェーンソー技能教育の効果に関する研究 東京大学大学院農学生命科学研究科 仁多見俊夫ほか
作業日報の記載内容および使用方法に関する現状分析 京都大学大学院農学研究科 栗山浩一