社団法人 林業機械化協会

林業機械について

従来型林業機械

従来から現場で用いられてきた林業機械です。

集材機
集材機の写真 伐倒した木材を架線につり下げて道路まで運び出すための機械です。 急傾斜地において林道の開設が困難な場所で、長距離の集材に適します。
チェンソー
チェーンソーの写真 林業といえばこの機械を連想する人も多いでしょう。 伐倒・玉切・枝払を行うための自動鋸です。 最近の機械は小型、低振動、低騒音化されています。
刈払機
刈払機の写真 下草を刈り払い、樹木の成長を維持するための機械です。 除草用として林業以外でも様々な場面で活躍しており、 何かと目にすることの多い機械です。
トラクタ
ホイールタイプトラクタの写真 クローラタイプトラクタの写真 ウィンチを搭載し、少数の材を牽引して運び出すための機械です。 排土板を装備して小型ブルドーザとしても使用されるのが一般的です。
右はクローラ型、左はホイール型です。
小型運材車
小型運材車の写真 短幹材を搭載して運び出すための機械です。 多少の傾斜地なら通行可能なため、 小規模作業用として普及しました。
モノレール
モノレールの写真 急傾斜で林道や作業道を作るのが困難なところに設置されます。 通勤用として通勤時間の短縮などに役立っています。 最近、木材の運搬用も開発されています。
動力枝打機
動力枝打ち機の写真 立木を自力で登りながら装備されたチェンソーで枝を落とす機械です。
自走式搬器
自走式搬器の写真 架線式集材機の搬器にエンジンを搭載して自走できるようにしたものです。 自走するため架線の索張りを簡易化できる利点があります。
グラップル
グラップルの写真 木材を掴んで荷役を行う機械です。 保有台数についての統計は取られていませんが、 取り扱いの手軽さやバックホウと兼用できるため普及しています。 油圧ショベルにアタッチメントとして取り付けられるのが一般的です。
普及台数
(平成18年度末林野庁技術開発推進室調べ、単位:台)
集材機 11,035
チェンソー 233,064
刈払機 286,295
トラクタ 2,593
小型運材車 15,765
モノレール 907
動力枝打機 9,440
自走式搬器 1,710
索道 2,318
リモコンウインチ 1,066
樹木粉砕機 377

高性能林業機械

近年我が国でも導入が進んでいる機械群です。 在来型に比べて極めて高性能です。 またオペレータはキャビンに入っていたり、リモコン操作することが多いため 労働安全性が大幅に高まっています。

フェラーバンチャ
フェラーバンチャの写真 林内を走行し、立木を伐倒し集積する機械です。 チェンソーによる伐倒と比べて高速かつ安全に伐採作業を行えます。
スキッダ
スキッダの写真 複数の材を牽引して土場に運び出す機械です。 ホイール式とクローラ式のものがあります。
プロセッサ
プロセッサの写真 土場において枝払い・造材を高速に行う機械です。 危険で困難な林内での枝払い・玉切りを行う必要がなくなります。 日本で最も使用されている高性能機械です。
ハーベスタ
ハーベスタの写真 伐倒・枝払・玉切を全てこなせる機械です。 伐倒を行うには林内に進入して立木に接近する必要があるため、 地形が急な我が国では プロセッサとして使用されるケースもあります。
フォワーダ
フォワーダの写真 玉切られた材を土場へ運搬する機械です。 林内に入ってハーベスタによって造材された材を 運び出すためのものですが、トラックに比べ悪路走破性に優れているため、 我が国では低規格の道路を開設して使用する例も多く見られます。
タワーヤーダ
タワーヤーダの写真 伐倒された全木材や短幹材を架線により吊り上げて運び出す機械です。 集材機の一種ですが、自動車に集材ドラムや架線を張るためのタワーが搭載されており、 また架線の張り方も簡易なものであることから極めて高い機動性を有していることが特徴です。
スイングヤーダ
スイングヤーダの写真 油圧ショベルに2胴ウインチを取り付けて集材する機械です。 グラップルヘッドを取り付けてグラップル作業も出来る様になっています。
高性能林業機械の普及台数
林野庁技術開発推進室調べ
機種平成13年度末平成18年度末
フェラーバンチャ3833
スキッダ166152
プロセッサ8771,042
ハーベスタ386502
フォワーダ565828
タワーヤーダ185175
スイングヤーダ160419
その他の高性能林業機械(ハイブリッド機械)2558
合    計 2402 3,209