社団法人 林業機械化協会

林業機械化協会の紹介

アクセスマップ

 住所  〒112−0004
      東京都文京区後楽1−7−12 林友ビル
 

 電話:  03−5840−6217    FAX:03−5840−6218

地図

最寄り駅

  J  R : 中央線(緩行) 飯田橋駅、

  地下鉄 : 後楽園駅 丸ノ内線、南北線
         飯田橋駅 東西線、有楽町線、南北線、都営大江戸線
         春日駅   都営三田線、大江戸線 ・・・少し遠いです

協会の設立目的

「林業の機械化及び林業機械の進歩並びに普及を図り、 もって林業経営の合理化を実現し、我が国の産業振興に 寄与することを目的」(定款第2条)として設立されました。

協会の沿革

昭和24年6月
林業機械化協会創立
所在地 東京都文京区小石川町1-1
昭和24年12月
「林業機械化情報」創刊(昭和37年4月「機械化林業」に改称)
昭和26年
スイスからウィッセン式集材機を導入
昭和28年6月
千代田区六番町7(森林記念館)に移転
昭和29年3月
林業機械シリーズ図書第1号「エンヂン」発行
昭和29年9月
洞爺丸台風による風害木の大量発生
昭和34年4月
社団法人林業機械化協会に改組
港区赤坂の三会堂ビルに移転
昭和35年4月
沼田林業機械技術センターの設置
昭和37年
普及用16mm映画「集材機による全幹集材」の作成
昭和40年5月
レイノー現象が職業病に認定
昭和45年
スンズシステム(プロセッサ)の試験導入
昭和50年
ブッシュコンバイン(ハーベスタ)の試験導入
昭和51年8月
林業機械開発改良補助事業の開始(振動、腰痛対策等)
昭和53年4月
チェーンソー・刈払機の検査業務の開始
昭和54年4月
林業災害防止機械開発改良補助事業の開始
昭和55年
超低振動チェーンソーの開発
昭和56年10月
第1回林業機械展示会(協会主催)を金沢市で開催
昭和59年10月
林業機械展示会を全国育樹際に合わせて開催
昭和62年4月
間伐促進機械緊急共同開発補助事業の開発
昭和62年度
林業白書において高性能林業機械の開発・導入の重要性強調
昭和63年9月
カナダ林業機械展示会視察(120名参加)
平成元年4月
先端技術導入林業機械開発委託事業の開始
平成3年4月
高性能林業機械オペレータ養成等推進補助事業の開始
平成3年9月
農林水産大臣告示「高性能林業機械化促進基本方針」の公表
平成5年4月
高性能林業機械普及定着推進補助事業の開始
平成6年2月
高性能林業機械メンテナンス研修の開始
平成6年7月
高性能林業機械通信教育の開始
平成7年4月
育林用林業機械開発推進補助事業の開発
平成7年5月
創立45周年及び「機械化林業」500号記念式典開催
平成11年5月
創立50周年記念式典開催
平成13年3月末
高性能林業機械の保有台数 2316台
平成14年7月
林業機械排出ガス対策事業の開始
平成17年8月
文京区後楽1-7-12 林友ビルに事務所を移転
平成21年5月
創立60周年記念式典開催
平成24年4月
一般社団法人に移行     

会員の状況

役員一覧

普通会員
林業用機械の製造販売を営む者及び林業機械を使用する者で本会の趣旨に賛同する方
特別会員
本会の趣旨に賛同する方

会員一覧

協会の業務内容

林業機械化に関する普及活動
新しい林業機械の普及と安全使用を目的とした森林・林業・環境機械展示実演会を 全国育樹祭記念行事として育樹祭開催県と共催で開催しています。
また、高性能林業機械等に関する研修の講師、機械の安全な使用に関するテキストの作成などを行っています。
林業機械の振動・騒音等安全検査
森林総合研究所測定室にて、 チェンソー、刈払機の振動・騒音等の検査を行っています。
調査
林業機械関係並びに新作業システムに関する諸調査を行っています。
月刊誌「機械化林業」の発行
林業機械の専門誌としては昭和24年創刊以来、 今日まで国内及び海外の林業機械の使用方法、作業方法、試験研究結果などの記事を 写真、図を豊富に入れて解説・紹介しています。
実務参考・専門書の発行
林業機械シリーズや林業機械便覧、「最新の林業機械」など 様々な実務の参考となる書籍を発行しています。

資料